読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

変化

最近、友人の話を聞いていて勝手に思った事。

 

 

 人づきあいの中で「○○さんは変わってしまった」と思う時があります。
私も例外ではなく、思ってしまう事が多々あったりします。

でも大抵それって、変わったのは自分の気持ちだったりすることが
多いよなあ…って。
(洗脳や、多大なストレスによる病気での変化とかは別として)
(極端ではありますが)

 

三つ子の魂…じゃないけれど
結構、人って変わらないもんだなとここんところ実感します。

元々「そういう」人だったのを、こちらが勝手に装着していた
いい意味や悪い意味のフィルターで見えなくしていただけで
その、いい意味の方のフィルターが経年劣化した事によって
実質が見えた→それが自分には好ましくないものだった→
(ここで本来は実質を見た事で自分の気持ちが変わってるのに)
「相手が変わってしまった」へと変化していっているような気がしています。

だから、この"相手"はそれを直接指摘されたとしても「へ?私変わったか?」と
思う事が多いんじゃないかな…と。

 

とはいえ、そんな風に相手を思ってしまう時は何すればいいのかなって
考えてました。
(こんな事書いているけど、結論は出ていないんです(笑))

 

…多分、ちょっとだけ距離を置いて放っておくのが一番なのかな、お互いに。
どうしても許せないならそのままそっと離れればいいし
それでも遊びたい、お喋りしたい!と思うなら、今度は新たに相手が
「そういう」人だと認識した上で関係を築いて行くのがいいのかな…なんて。

 

逆パターン(上述の「悪いフィルター」を装着していた場合からの変化)なら
ある意味喜ばしい事なんですけどね!
難しいですね人間関係て!(五体投地