読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

北海道滾りツアー1日目(その2)

道中記

さてさて、小樽とうちゃっくー!

まずはお目当てのどんぶりもの屋さんへ。
私はこれだ。

どーん。


うめえ。ちょううめえ。
これで980円とか嬉しすぎる。
お店のにーちゃん(多分同世代)も面白かったし
また機会があったら食べに来よう。


この市場にこんな魚も居ました。

八角。名前だけは聞いたことあったんだけど
売られている状態を見たのは初めて。
しかもお刺身で食べられるのかー。ほへー。


お腹が膨れたところで、
こんなバスに乗って移動。身体捩って撮影したので
余計に分かりづらいけど、ガワも内装もレトロチックなバス。

このとき、運河見に行くくらいしか考えてなかったのですが
TwitterでUちゃんに教えてもらったところの写真を見たら
是非行ってみたいと思って、こちら。

北一硝子へ。

そしてこちら。北一ホールでお茶しました(*´∇`*)
 
写真では明るめなんだけれども、
実際はもっと暗い空間。オイルランプだけの光の世界。
雰囲気最高。
しかもうるさく騒ぐようなおこちゃまもいない。
こそこそと己の滾りを語る腐女子は居た。

アイスカヘラテはミルク分多めで(゚д゚)ウマー。

ちょっとお茶して…のつもりがこの雰囲気でまったり。
少ししてピアノの生演奏も始まったのでなんだかんだ長居してしまいました。


その後、循環バスの罠にはまり、
思った以上に時間を食った挙句運河を見ずに
小樽を去る羽目にwww
いやこれはこれで面白かったけどw


札幌に戻ってホテルへチェックインしてから
2ヶ月以上もの間「I.M.P」を取り置いてくれたおんどこへ。
北海道、懐が深い!
感謝しつつ引き取ってAY・AOコンビとスーパーヒーローブロマイドできゃいきゃい。
MASATO氏の口かわいいです(^p^)

ホテルに帰ってライブの準備。
そして別のホテルに泊まっているAたんと1月以来の再会!
そしてMちゃんとAたんの感動の初対面!

ずっとこの面子で集まりたいねーと話してたのが
去年の秋の話。げのえもツアーの日程決まったあたりだったかな。
でもそれぞれが忙しいし住んでる場所も離れてるしで
なかなか難しいんだろなと思いつつも
「次のツアーで北海道公演があったら行く!」を合言葉に
楽しみに待っていた、今回のI.M.Pツアーの発表。
それでも今から考えれば数ヶ月も前の話で。


やっとだねえ、としみじみ話しながらライブ前のひと時を過ごしておりました。


(続く)